ウィークリーセンターお役立ちコンテンツCOLUMN

出張時に役立つ! しわにならないスーツのたたみ方

出張時に役立つ! しわにならないスーツのたたみ方

出張をするときに悩むのが、スーツを持ち運ぶ際にできたしわをどうやってキレイに取り除くかということ。できるだけ荷物はコンパクトに済ませたいですが、スーツを折りたたむとしわができやすくなりますし、1週間以上の長期出張では、スーツのお手入れをしっかりしないと、スーツに張りがなくなってしまいます。
そこで今回はしわにならないスーツのたたみ方や、出張先でしわができてしまったときの対処法などについて紹介します。

出張先で簡単にできる! しわになりにくいスーツのたたみ方

出張時は現地までスーツを着ていく方も多いですが、現地まで移動する間は私服を着たり、また予備のスーツを持っていく方もいます。そんなときに悩むのが、どうやってカバンやスーツケースの中にスーツを入れるか、ということでしょう。実は、コンパクトにスーツを収納するポイントは「巻く」ことにあります。

スーツをたたむ際は、まずスーツの片方の袖を裏返しにします。次に、裏返した袖の中に、もう片方の袖を表向きのままにして入れます。そして、スーツの肩(ショルダー)部分にタオルや靴下、下着などをしっかりと詰め込んで、クッション代わりにしてください。最後に、ワイシャツやタオルなどを包み込むようにして、スーツをクルクルと巻けば完成です。

従来のスーツを「折る」という方法ではなく、「巻く」方法で収納するため、折り目がつかずキレイにたたむことができます。肩パッドの部分は特に型崩れしやすいので、そこに下着などをしっかり詰め込むことがポイントです。

スーツにしわができてしまった際の対処法

持ち運んだスーツにしわができてしまった際は、以下のような方法で対処しましょう。

ドライヤーをアイロン代わりにする

スーツのしわ取りにはアイロンがけが有効ですが、ホテルはアイロンを置いていない場合が多く、しわを伸ばすのに大変苦労します。その際、ドライヤーを代用すればある程度しわを目立たなくすることができます。

まず、しわになっている場所を濡れたタオルなどを当てて湿らせておき、スーツをピンと張った状態にしてドライヤーの風を当ててみてください。ドライヤーの熱が強すぎるとスーツを傷めてしまう恐れがあるので、適度な距離を保ちながら当てるようにすると、しわが取れていくでしょう。

浴室の蒸気を利用する

お風呂に入った後、浴室にスーツを干しておきます。しばらく湯気をスーツに当てて水分を吸わせてください。湯気を当てすぎるとスーツが水分を含みすぎてしまい、乾かなくなってしまうので、程よく蒸気を当てるくらいにします。その後は、浴室からスーツを取り出して部屋に干すか、浴室乾燥がある場合はスイッチをオンにして、そのまま干しておきましょう。

スーツのしわを取る便利グッズ

ドライヤーや浴室の蒸気を使えば、スーツのしわ取りに効果が期待できますが、しわ取りスプレーを使えば、さらに短時間でしわが取れるのでとても重宝します。

スーツのしわが気になる部分にスプレーし、ハンガーにかけてシワをピンと伸ばし、そのまま乾かすだけです。スプレーの中には、除菌や消臭効果が期待できるものもあるので、しわと一緒にいやな臭いなども取れて一石二鳥でしょう。

ただし、布の種類やスーツの加工状態によっては効果が期待できない場合もあり、素材によっては色落ちする可能性もあります。はじめてしわ取りスプレーを使うときは、まずスーツの目立たない場所で試してみるようにしてください。

今回は、出張時に役立つスーツのたたみ方について紹介しました。上記の内容を参考に、しわのないピシっとしたスーツで出張をしましょう。

このページのトップへ