ウィークリーセンターお役立ちコンテンツCOLUMN

引越し時に仮住まいする物件の選び方

引越し時に仮住まいする物件の選び方

家をリフォームしたり、新しく建て替えたりする場合は、一時的に今住んでいる家に住めなくなるため、仮住まいを探すことになります。しかし、前もってしっかりと準備をしておかないと、引越しするときまでに仮住まいが見付からなかったりなど、トラブルも多く聞かれます。今回は、引越し時に仮住まいする物件の選び方、ポイントなどについて紹介します。

仮住まいを探す期間はどのくらい?

仮住まいをする期間や、どのような形態の物件を探すかによっても異なりますが、引越し日の1カ月前には、どこに住むかどうか候補を絞り込んでおきましょう。仮住まい期間が長期になり賃貸物件を探す場合などは、さらにスケジュールに余裕をもって候補先を探しておくことをおすすめします。

リフォームや新築建て替えとなると、ついそちらのことばかり気になってしまい、肝心の仮住まい先を決めていなかったという話も聞かれます。直前になって焦ってしまわないように、仮住まいは事前に決めておくようにしてください。

仮住まいを選ぶポイント

当然ですが、仮住まいはずっと住み続けるのではなく、あくまでも一時的に生活するための場所です。そのため便利さや快適さよりも、効率や経済面を重視する方が良いかもしれません。仮住まいを選ぶ際は、以下のポイントをチェックしてみてください。

一時的な住まいだと割り切って考える

住まいを選ぶ際、誰もが「少しでも広くて快適な部屋」、「立地が良い場所」を選びがちになってしまいますが、仮住まいと割り切って広さや立地条件などは、多少我慢するのもひとつの方法です。

宿泊代以外の費用も考える

仮住まいは宿泊や滞在にかかる費用だけでなく、食費や移動費なども必要になります。1日当たりどれくらいの費用がかかるのかを想定して、仮住まいを選びましょう。

特に、ホテルでの長期滞在となると自炊もできず、滞在費用が高額になる可能性もあります。あくまでも一時的な滞在である仮住まいの費用は、できるだけ抑えるようにするのがポイントです。

引越しの荷物は最小限に

仮住まい物件に、費用が高くなりがちな大がかりな引越しはしたくありませんよね。着替えなどの荷物は最小限にし、できるだけ移動の手間がかからないようにしましょう。新築建て替えなどで、現存の家財道具をどうしても移動しなければいけない場合は、一時的に預かってくれるサービスや、トランクルームなどを利用すると良いでしょう。

仮住まいに適した物件

仮住まいの物件と言えば、一般的な賃貸住宅のほか、ホテルやウィークリーマンションが挙げられます。賃貸住宅であれば、家財道具ごと持ち込むことができ、自宅のような感覚で仮住まい生活を送れますが、引越しに伴う費用や敷金礼金など金銭面の負担が大きく、契約も年単位となる上に、手続きが面倒などといったデメリットがあります。新しい家が完成するまで1年以上かかる場合など、工事が長期化する場合は、賃貸物件も候補に入れると良いでしょう。

リフォームなどで仮住まい期間が数日~1週間程度であれば、ホテルを選ぶ選択肢もあります。着替え程度の荷物さえ持参すれば滞在可能で、部屋の空きさえあれば前日でも申し込みが可能です。その反面で、バスとトイレが一緒、照明が暗いなどの理由により、日中の生活にはかなり窮屈、自炊や洗濯ができないといった問題があったり、さらに滞在費用が高額になるといったデメリットがあります。

滞在期間が1週間~数カ月程度であれば、ウィークリーマンションを選ぶ方法があります。ホテルに比べると費用面で安く抑えることができますし、自炊や洗濯もしやすいため、長期の生活にも適しています。また賃貸住宅のように敷金や礼金も不要で、光熱費なども料金に含まれているプランが多く、面倒な手続きも簡素化されており便利だと言えるでしょう。

今回は、引越し時に仮住まいする物件を選ぶポイントを紹介しました。選んだ後になって大変な思いをしないように、上記を参考に仮住まいの知識をしっかりとつけ、少ない予算で効率的に生活できる最適な物件を探してみてください。

このページのトップへ